諦め半分 30代男 ムダ毛処理

諦め半分の30代男のムダ毛処理

私は30代男性です。

 

ムダ毛が気になったのは高校時代の時で、最初はスネ毛、もも毛などの足まわりからでした。
一度生えすぎて剃ったことがあるのですが、次に生えてくる生えはじめの時が気持ち悪くて剃るのはやめました。

 

お金もないのでエステ的なところに通うわけにもいかず、市販のもので良いものはないかと探していました。

 

除毛剤がきれいにできると聞いたので試してみましたが、結局生えてくる時は剃った時と一緒で
気持ち悪かったのでやめました。

 

その次に携帯レーザーという黒い物質に対して反応し焼いていくようなものだったので試してみました。
確かに少しずつ軽く燃やしていく感じでしたが、継続的にやらなければいけないことと、
太い毛には時間がかかるということで、思った以上に熱く耐えきれなかったので断念しました。

 

ヒゲや陰毛やなどの生えたら大人みたいなイメージの箇所は最初は嬉しかったのですが、
ヒゲは働く上で必ず剃らないといけないですし、陰毛は剃りはしないのですが、たまにひっかかって痛かったりと
今となっては邪魔くさくて仕方がありません。

 

今となっては足の毛や腕の毛は半ばあきらめているのと、年も年だからあまり気にならなくなりました。
ただ、胸毛や腹毛は気になるので公衆の面前ではさらさないようにしています。


ムダ毛の自己処理で大変なことになった時のこと

私は、どちらかというと肌が弱い方なんです。
そのため、ムダ毛処理にもとても気を使っており、一番安心して出来るのはカミソリでした。
もちろん、カミソリの処理に満足しているわけではないのですが、以前毛抜きで抜いた時に
毛穴部分が腫れてしまい、真っ赤になってしまったことがあるため、敬遠していました。

 

そんな時に勧められたのが、家庭用の毛抜きタイプの脱毛器です。
毛抜きに比べて痛くないから、刺激が少ないのではないかと友人に言われたので、
まずは少しだけ試してみました。

 

確かに、毛抜きで1本1本抜いた時のような痛みがありません。
これだったら手軽で簡単に脱毛出来るし、何よりもカミソリの場合はすぐに生えてきてしまいますが、
抜いた場合はしばらくは生えてこないという利点もあります。
とても魅力を感じ、まずはすねをやってみることにしました。

 

やり終えた後は、全然問題がなかったのですが、しばらくすると毛抜きで1本1本抜いた時のように
毛穴が腫れて赤くなってしまいました。
それがみるみるうちに、すね全体に広がり、真っ赤にただれていくではありませんか。

 

やはり私には合わないようで、それ以来「抜く」という方法は止めました。